2016年06月21日

宝塚記念ファン投票1位の成績を調べてみた。キタサンブラックはどうなる?

こんにちは!サーベラスです

キタサンブラック.jpg

はい、宝塚記念ですね!今年のファン投票1位のキタサンブラックに登場いただきました。ちなみに私はキタサンブラックとマカヒキの馬券は1円も買ったことがないのですが、おかげさまで1円も配当がありません(笑)今回もキタサンブラックを外して買うのか・・・は解りませんが、ココまで来たら譲れないというかなんというか。
とりあえず、キタサンブラックの取捨を決める上で一つの要素として「ファン投票1位の馬は成績どうなのか?」を調べてみました。




過去の分はまとめて、近年のは名前付きでいきますね!

2015 ゴールドシップ   15着
2014 ゴールドシップ   1着
2013 オルフェーヴル   回避
2012 オルフェーヴル   1着
2011 ブエナビスタ    2着
2010 ブエナビスタ    2着
2009 ウオッカ      回避
2008 ウオッカ      回避
2007 メイショウサムソン 2着
2006 ディープインパクト 1着
2005 ゼンノロブロイ   3着
2004 リンカーン     3着
2003 シンボリクリスエス 5着
2002 ジャングルポケット 回避
2001 テイエムオペラオー 2着
2000 テイエムオペラオー 1着
1999 スペシャルウィーク 2着
1998 エアグルーヴ    3着
1997 マーベラスサンデー 1着
1996 ナリタブライアン  回避
1995 ライスシャワー   競争中止
1994 ビワハヤヒデ    1着
1993 メジロマックイーン 1着
1992 メジロマックイーン 回避
1991 メジロマックイーン 2着
1990 オグリキャップ   2着
以下1960年まで遡って回避した馬以外で計算すると・・・

14−12−4−5(35戦)  となる。
1着率40%
連帯率74,29%
複勝率85,71%
こうなっている。

アンチキタサンブラック涙目の結果です!くそ、買うしかないのか・・・

もちろんファン投票1位になるくらいですから世代の代表となるくらいの名馬
且つ、状態や適正を考慮して「出走した馬」のみ計算しているのですから、成績がいいのは当然といえば当然。それにしても35回のうち着外5回にはさすがにビビりましたね。

キタサンブラックは本当に実績十分な馬です。それこそ、名馬として称えられてもおかしくないほどの。
ダービーの14着以外は複勝を外していませんし、1800mのスプリングSから3200mの天皇賞春まで勝っている、幅広い適正距離。逃げから先行まで幅広い脚質をもち、展開に左右されにくいところもあるし。
強いです、本当。ただ、なんでかな。名前かな・・・。
人気は常に「脇役」レベルなんですよね。馬券師からするとこういう馬は「おいしい」馬なんですよ!
だって、毎回そこそこの配当を持ってきてくれるんですから。そこを買わない私はもう・・・意地っ張りです

今回は「人気」になってしまったことで妙味もなさそうですし、マークされる立場となってどうか?直接対決で先着したことのないドゥラメンテとの一騎打ちムードですが、そう簡単にいかないレースになりそう。天気も雨続きで泥んこ馬場になるかもしれませんし、難しくなりますね!
あなたの夢はドゥラメンテか、キタサンブラックか。
私の夢は「ラブリーデイ」です!! 




スポンサードリンク
  
にほんブログ村
posted by サーベラス at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

函館スプリントS結果:おすすめ軸馬アクティブミノルは4着

こんにちは!サーベラスです

グラスワンダー.jpg

はい、宝塚記念2着のスペシャルウィークだけだと1着を取ったグラスワンダーファンの方がショボンとなってしまうと思ったのでグラスワンダーさんです!
グラスワンダーはマイルの朝日杯3歳Sを勝利しながら、宝塚記念や有馬記念連覇など幅広い距離で活躍してくれました。グランプリレースで3勝、それもスペシャルウィークやテイエムオペラオーを相手に・・・ですから本当に強い馬です。お祭り男なんて呼ばれ方もしてましたね〜すみませんニワカ知識です・・・




函館スプリントSですね!

軸馬推奨◎アクティブミノル 4着

ハナはローレルベローチェ、続いてソルヴェイグで3,4番手にシュウジとアクティブミノル。とりあえず展開は予想通り、後は直線突き抜けるだけだーと思いましたが・・・伸び脚を見せてくれませんでした^^;
直線は早めに抜けたソルヴェイグとシュウジの一騎打ち。一瞬シュウジがかわしたか?!と思いましたが、最後はソルヴェイグがハナ差抜けていましたね。

そして3着に、桜花賞馬のレッツゴードンキが突っ込んできました!
道中中団を進み、直線も5番手あたりでしたが・・・一瞬の切れ味がすごかったです。
ペースは33,4−34,4でラスト3Fは先行勢がみんな34秒程度の末足ですのでやはり差し馬には厳しいレースでした。結果も前残りといった感じですが、ミノルさんどうした!ミノルさん、2歳のときも複勝15万入れたら飛んだよね。相性悪いのか?リアルの叔父がミノルさんなのですが、それはおいといて

アクティブミノルは直線入った瞬間は突き抜けるか!?という手応えだったのですがね。ワイドシュウジ、アクティブミノルのみ馬券は購入していたので本当に残念な結果です。直線、外みてました?ミノルさん。
まぁ勝ち馬も強かったですし、レコードですし。仕方ないです
宝塚記念で、大きい馬券をとりたーーい!!



スポンサードリンク     
にほんブログ村
posted by サーベラス at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユニコーンSおすすめ軸馬の結果

こんばんは!サーベラスです

スペシャルウィーク.jpg
春のグランプリ・宝塚ウィークということでスペシャルウィークさんに画面を飾ってもらいました。
なんでグラスワンダーじゃないのかって?まぁなんとなくです(グラスファンの方ごめんなさい)

サイレンススズカファンの私にとって、この年の宝塚記念は一番泣いたレースとなりました。
沈黙の日曜日の翌年、杉本清さんが
「いつまでも、どこまでも先頭だった一年前のサイレンススズカのゴールが思い出されます。
そして今年もあなたの、私の夢が走ります。あなたの夢はスペシャルウィークか、グラスワンダーか。私の夢はサイレンススズカです。夢叶わぬとはいえ、もう一度この舞台でダービー馬やグランプリホースと走って欲しかった」
と名言を残してくれましたね。すみません、すでに涙ぐんでる私がいます(笑)




さぁ、ユニコーンSですね!
軸馬推奨◎はゴールドドリーム 1着
ゴールドドリームは思ったよりもポジションが前で、道中5番手あたりを追走。ストロングバローズはスタート後からすっと抜け出し、2番手。グレンツェントは思ったより後方に位置取り、後方5番手に落ち着いた。

直線に向いた頃、ストロングバローズが先頭に立ち、ゴールドドリームも抜け出して早くから一騎打ちの形に。後方からジリジリとグレンツェントが迫ってきてはいるが、3着争いが精一杯だった。
直線後半になってもストロングバローズの勢いは衰えず、迫るゴールドドリームを凌げるか、どうかというぐらいの接戦で、最後の最後はゴールドドリームがクビ差交わして優勝。

ストロングバローズも2着に敗れたものの、ペースが若干速かったこともあってのクビ差2着で力を示せた。私は距離不安を言っていたが、そうでもないのか。強かったですね

グレンツェントは先行からのしぶとさが売りなので、今回は位置取りが悪かった。
ゴールドドリームと同じ位のポジションならもう少し差が少なかったかなと思うけれど、勝ち馬たちとは若干実力が劣るのかな、と思います。
私はゴールドドリームとグレンツェントのワイドのみ買ってましたが、250円しかつきませんでした^^;





スポンサードリンク     
にほんブログ村
posted by サーベラス at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする