2016年06月07日

安田記念を振り返る。過小評価されていた1頭

こんばんは!サーベラスです

安田記念、いろんな衝撃があったレースとなりましたが
レースを何度も見返してみました。
フィエロ.jpg

ハナを奪ったのはロゴタイプ。
陣営も「スタートがいいから前で流れに乗りたい」といったコメントをしていたが
特に注目はされていなかった。
もちろん少頭数で行われる中、ペースが落ち着くことは予想されていたし
注目はしておくべきだった。

ペースはスタートから3F35秒−5F59秒1
過去10年で最もペースの遅いレースとなり、展開はハナを切ったロゴタイプに向く。
その上、ラスト3F33,9秒の脚で逃げるもんだから後続はお手上げ状態ですね。

続いてモーリス

スタートからずっと掛かりっぱなし。
T・ベリー騎手もレース後「壁が作れなくて掛かってしまった」といっていたものの
そんなレベルの掛かり方ではなかったように思う。海外帰りでピリピリしていたか
極端に遅いペースを嫌ったのか。
その上で2着に粘りこんだのはやはり地力が段違いだとしか言いようがない。
スタミナを心配してか仕掛けもやや遅く、目標にしたかった後続の仕掛けも遅れて
結果ロゴタイプのアシストをしたような形になるのかな。




スポンサードリンク



3着のフィエロ

善戦マンのイメージがぬぐえないものの
やはりここまでの成績は立派。
すでに7歳ながら衰え知らずのフィエロは父ディープインパクト
馬主は金子さんと・・・レースをみていても、ディープの子だなぁと思うような馬ですよね。

安田記念では良いスタートを決め、先団にいたものの2Fあたりから
手綱を引っ張りポジションを後方3番手あたりまで下げてしまう。

ハイペースならともかく、スローでこの判断は正直いただけない。
直線入ってもイスラボニータの真後ろにずっといて、追っているものの伸びず・・・
最後にグッと加速をし、モーリスを差したかどうかくらいまで攻めれたのは
ただならぬ瞬発力を感じるレースとなった。
モーリスも強かったが、個人的にフィエロの強さを感じるレースとなったように感じる。

まだG1を勝っていないが、引退までにどうか勝って種牡馬に入ってほしい1頭。
乗り方次第で安田記念を勝ってたのはフィエロなんじゃないか・・・と思うので
残念な気持ちもあるものの、だとすると馬券当たっていないのでよかったと思う自分もいる複雑な心境(笑)

過剰な人気でなければ、次のフィエロは大きく狙ってみる



posted by サーベラス at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: