2016年06月09日

マンハッタンカフェ産駒データ

重賞未勝利ながら菊花賞を制した名馬
マンハッタンカフェ.jpg

マンハッタンカフェは新馬戦3着後、未勝利戦を1,7倍のダントツ人気で初勝利。
体質が弱いこともあり、弥生賞にはー20kgで出走し4着。続いてアザレア賞ではさらに-16kgで11着と大敗し、春のクラシック戦線から降りた。
復帰戦から2連勝でセントライト記念に出走し4着に敗れたものの
本番の菊花賞ではゴール前でマイネルデスポットを差しきりG1初制覇。
暮れのグランプリ有馬記念ではテイエムオペラオーやメイショウドトウなどの名馬相手に上がり3F33,9秒という当時最速の記録を残し、勝利。G1連勝となったが、同年に東京優駿(ダービー)ジャパンカップを制したジャングルポケットが居たためJRA賞を逃してしまっている。
翌年、天皇賞春でジャングルポケット・ナリタトップロードをとの三強対決を勝利し
秋にはヨーロッパの凱旋門賞に出走し、5番人気に支持されたが13着に敗れている。
また、凱旋門賞後に屈腱炎を発症し、引退・種牡馬入りしている。
ちなみに、ドラマ「運命の出会い〜サラブレッドにかけた夢〜」に
父・サンデーサイレンス役で出演している(笑)

2015年8月13日腹腔内腫瘍により多くのファンに惜しまれながら天国へ旅立った。





スポンサードリンク


代表産駒
・クイーンズリング(母父Anabaa)
・グレープブランデー(母父ジャッジアンジェルーチ)
・ヒルノダムール(母父ラムタラ)
・ルージュバック(母父Awesome Again)

適正距離
・〜2000m
マンハッタンカフェ=長距離のイメージがありますが、産駒の成績は中距離までが優秀。
2100〜2400mでは複勝率は差がないものの、勝率がグッと下がってしまうため
長距離で人気しているマンハッタンカフェは嫌って妙味を得られるかもしれない。
ダートコースの場合だと長いほど成績が良化している。

芝・ダート
・やや芝。といっても芝・ダートで特に大きな差はなく
オールマイティにこなせる種牡馬だといえる。

重馬場適正
・やや得意
芝・ダートともに不良馬場になると勝率が下がってはいるが、分母が少ないため誤差の範囲かもしれない。
重馬場でも積極的に買いたい種牡馬です。



posted by サーベラス at 11:42| Comment(0) | 種牡馬データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。