2016年06月15日

函館スプリントSは人気割れ確実。軸馬を決めたら広く買う

こんばんは!サーベラスです

ティーハーフ.jpg

今週末は函館スプリントSが開催されますね。
函館開幕週であり、夏競馬の始まりを告げるようなイメージのあるレースですが
毎年毎年馬券の面で悩ませてくれるレースですね。ちなみに昨年は4番人気、14番人気、12番人気の決着で3連単944,140円の波乱。今は亡きアンバルブライベンを軸にティーハーフ、レンイングランドを買っていたので・・・相手同士買ってればとれたのにぃぃとタラレバ炸裂しまくった思い出です。
ちなみにペースが33,0−35,3のハイペース。前崩れの中アンバルブライベンは最後まで頑張りました。



スポンサードリンク


さて、人気になりそうな馬の紹介です。

【ティーハーフ】
昨年の函館スプリントSの覇者で、洋芝巧者。追い込み一辺倒の競馬スタイルにより展開が重要となるが
今回の出走馬を見てみると「前に行きたい馬多数」ということで前崩れの流れとなれば、昨年同様末脚を炸裂させて連勝、ということもあるか。近走成績を残せていないものの、高松宮記念では上がり3F33,3で6着まで追い上げ、前走の安土城Sではスローペースで前残りの中、上がり最速の33,2で勝ち馬のミッキーラブソングと0,4秒差の6着。実績馬は揃ってはいるものの、休み明けの馬も多い。中1週の疲労がどうか、追い切りを見て判断したいところ。

【シュウジ】
去年の短距離路線で名を馳せたシュウジ。3歳で出走した重賞2走は二桁着順に敗れているが、今回最適性の1200mに戻ることを考えるとここで復活の兆しを見せて欲しいところ。ちなみに2走前のファルコンステークス1400mは不良馬場の上、33,3−39,7の前には過酷過ぎるハイペース。今回もハイペースになることが予想されるものの、地力で食らい付いてもらいたい

【アクティブミノル】
成績にかなりムラのあるものの、函館2歳Sの勝ち馬でもあり、洋芝実績があるのが強み。
朝日杯FSやファルコンSでの好走もあったが、本質的には1200mの馬だと思う。休み明けが心配だがセントウルステークスをミドルペースで逃げ切った実力もあり、前走の高松宮記念では一変して控える競馬で4着まで差を詰めた。本音を言うと、3着に入ってくれたら100万近い払い戻しが・・・。
人気はするだろうが、やはり実力は上位。前走のような競馬をしてくれれば頭まで十分!

↓これ登録してみました。
空メールだけで登録できるので、無料情報だけでも入手してはいかがでしょうか!


ラベル:G3 予想 馬券 競馬
posted by サーベラス at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック