2016年11月04日

京王杯2歳Sは2頭軸から穴を狙うべき

こんばんは!サーベラスです
レーヌミノル.jpg

さぁ、2歳重賞も始めてのG2を迎えることになりましたね。さすがにメンバーも揃っており、オッズも混戦模様となるのではないでしょうか。中でも1番人気に推されるであろうレーヌミノルは、新馬戦と小倉2歳ステークス共に快勝。前走に至っては2着のダイイチターミナルに1,0秒差をつける圧勝で、勝ち時計も1200m1:08:00と破格のタイムで能力の高さを伺える。今回京王杯2歳Sは1400mと、これまでのレースより1ハロン長いレースとなるが、血統やレースぶりから見てもマイルまではこなせると感じる。ではレーヌミノルを軸として、2頭軸の相手はどの馬が相応しいか。



   スポンサーリンク
早速相手軸を発表すると、コウソクストレートをオススメしたい。
おそらく2番人気に推されるであろう馬で申し訳ないが・・・やはり同条件の東京1400mで勝ち鞍を挙げているのは適正のハッキリしない2歳戦では重要な要素として捕らえるべき。尚且つレースを見ていると非常に操作性のよさを感じる馬で、イメージでいうとサトノダイヤモンドのようなタイプだと思う。
ペースもやや速くなりそうで、中団あたりから競馬をすすめられそうなのも魅力だ。

正直、能力でいうとモンドキャンノのほうが上手かもしれないがまだまだ上手に競馬ができていないのでここでは評価を落としてみたい。1200mで掛かる馬が1400mでスムーズに・・・とはやはり考えにくいし。

あとの馬は正直どれが来てもおかしくないレベルで取捨に迷う。どの馬も安定した結果をだしているし、数頭しか消せそうな馬がいないのである。
ここはおとなしく頭レーヌミノルから2,3着コウソクストレートで相手全流しで楽しもうと思う。
2着に大穴が突っ込んでくれば、数万はつくだろうし。


スポンサードリンク     
にほんブログ村
posted by サーベラス at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。