2016年11月11日

難解武蔵野ステークス。人気馬は先行、穴馬は追い込み

こんばんは!サーベラスです
モーニン.jpg
今週は重賞が5つもあって予想記事が大変です。さらにはエリザベス女王杯もありますので、いやでもテンションは上がってしまうというものです。そんな週末、是非収支プラスで満面の月曜日を迎え入れましょう!
さぁ、土曜日に3レースある重賞のうち、東京ダート1600mの武蔵野ステークスについて書いていきます。



   スポンサーリンク
正直、かなりメンバー揃ったのではないでしょうか。
今年のG1フェブラリーステークスを勝ったモーニンは休み明け、斤量59kgというなかなか厳しい条件ですが一週前追い切りでは坂路を50秒台で駆け上がるという破格のタイムを叩いており、状態はかなり仕上がっていると考えられますのでここでも本命視。
有力な相手には3歳馬ゴールドドリームとノボバカラ。
ゴールドドリームも休み明けではありますが一週前追い切りで坂路51,2秒と自己ベストをたたき出しており、状態の良さはかなり高い。チャンピオンズカップよりこちらに照準を定めて仕上げてきていると考えていますので、相手筆頭にはゴールドドリームを推薦したい。

ノボバカラは名手R・ムーアを背に久々のマイル戦に復帰。好メンバーが揃う中、ムーアがどれだけ力を引き出せるのか、というところではありますが能力自体は上位だとおもいますし最低でも紐には入れておきたい1頭ですね。
上記にあげた3頭がおそらく1番〜3番人気に納まると考えるが、みんな先行馬ですね。他にもハナを切りたいドリームキラリも展開次第では穴を開けそうですし、人気はなさそうだがメイショウスミトモも強敵を負かしてきている点から能力は通用する可能性も。

先行勢に有力馬が揃っているということで、ペースが流れることも十分考えられる。まして、直線が長く差し、追い込みが決まりやすい東京コースとなれば
カフジテイク
キングズガードも穴の一角として是非抑えておきたい。両者共1400mを主戦にしているが、特にカフジテイクの末脚は強烈そのものでノンコノユメに似た印象を持っている。というか、かなり好きな馬なので個人的には絶対買う。

こう考えているとやけに広く買わないといけないようです。どう絞ろう。
モーニン、ゴールドドリームの2頭軸から、他に名前を挙げた5頭に三連単マルチかな。
私としてはなかなか珍しい買い方ですが、力のある馬だけをチョイスしていかないとトリガミしてしまうレースだとおもいます。


スポンサードリンク     
にほんブログ村
posted by サーベラス at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック