2016年11月04日

京王杯2歳Sは2頭軸から穴を狙うべき

こんばんは!サーベラスです
レーヌミノル.jpg

さぁ、2歳重賞も始めてのG2を迎えることになりましたね。さすがにメンバーも揃っており、オッズも混戦模様となるのではないでしょうか。中でも1番人気に推されるであろうレーヌミノルは、新馬戦と小倉2歳ステークス共に快勝。前走に至っては2着のダイイチターミナルに1,0秒差をつける圧勝で、勝ち時計も1200m1:08:00と破格のタイムで能力の高さを伺える。今回京王杯2歳Sは1400mと、これまでのレースより1ハロン長いレースとなるが、血統やレースぶりから見てもマイルまではこなせると感じる。ではレーヌミノルを軸として、2頭軸の相手はどの馬が相応しいか。



   スポンサーリンク
早速相手軸を発表すると、コウソクストレートをオススメしたい。
おそらく2番人気に推されるであろう馬で申し訳ないが・・・やはり同条件の東京1400mで勝ち鞍を挙げているのは適正のハッキリしない2歳戦では重要な要素として捕らえるべき。尚且つレースを見ていると非常に操作性のよさを感じる馬で、イメージでいうとサトノダイヤモンドのようなタイプだと思う。
ペースもやや速くなりそうで、中団あたりから競馬をすすめられそうなのも魅力だ。

正直、能力でいうとモンドキャンノのほうが上手かもしれないがまだまだ上手に競馬ができていないのでここでは評価を落としてみたい。1200mで掛かる馬が1400mでスムーズに・・・とはやはり考えにくいし。

あとの馬は正直どれが来てもおかしくないレベルで取捨に迷う。どの馬も安定した結果をだしているし、数頭しか消せそうな馬がいないのである。
ここはおとなしく頭レーヌミノルから2,3着コウソクストレートで相手全流しで楽しもうと思う。
2着に大穴が突っ込んでくれば、数万はつくだろうし。


スポンサードリンク     
にほんブログ村
posted by サーベラス at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

ダート界の超大物エピカリス・北海道2歳優駿を馬なりでぶっちぎり

こんばんは!サーベラスです

ルメール.jpg

本日20時発走の北海道2歳優駿で桁違いな競馬を見せた馬が居ましたね。
その名も「エピカリス」
中央競馬でも新馬戦、プラタナス賞共に上がり最速で後続に大差をつけての連勝中で、単勝オッズは1,0倍

100円買って100円帰ってくるという、ハイリスクノーリターン馬券(笑

最初から1強ムードではありましたが、一応対抗扱いになりそうなトミケンカリムが出走取り消しになったためにこのオッズでしたが、出走していたところで1,1倍〜1,2倍でしょうね。



  スポンサーリンク
ポンッとスタートを出て、そのまま自らハナに立ち
特に詰め寄られる様子も追い出すような訳でもなく「強め」の調教感覚で2着に2,4秒差をつけての圧勝。直線の映像を見ながら
「あぁ、高校生とウサイン・ボルトが走ったらこんな感じか」と独り言を言ってしまうほどの圧勝。
馬主はキャロットクラブさんで、
父ゴールドアリュール
母スターペスミツコ
母父カーネギー
血統から見ても距離は伸ばせそうですし、早熟といった感じでもないと思います。
いまだかつて2歳戦でここまで強い馬を見たことがないな、と思うほどの大物感があり今後の動向が本当に楽しみな一頭です。
次は暮れの全日本2歳優駿にいくか、芝を試すのかちょっとわかりませんが
ここまでの器ですのでしばらくの間ダート専門で走って見てもらいたいと私は思います。

現時点でノンコノユメやクロスクリーガー、ラニなどの若くしてダート界を賑わせた馬たちより上なんじゃないかと思える強さなんでドバイやアメリカのダート3冠を本気で狙えるレベルなんじゃないか、という期待をしちゃいますよね。このレベルの馬に出資している方は本当に見る目ありますね!うらやましい・・・

次が全日本2歳優駿だとすれば・・・そこでもまたウイニングポストみたいなレースになるかもしれませんね(笑

今後の動向が本当に楽しみです。是非無事に、怪我なく走ってください!


スポンサードリンク     
にほんブログ村
posted by サーベラス at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

JBCスプリントは地方勢2頭目の勝利が近い。

こんばんは!サーベラスです
ソルテ.jpg

豪華なJBCクラシックと打って変わって、中央勢がパッとしないJBCスプリント。
もちろん中央勢の実力馬ではあるのですが、なにかしらの弱点を持っている馬が多いですね。
過去、JBCスプリントで地方所属の馬が優勝したのは2007年のフジノウェーブただ一頭という中央勢の実力に圧倒されているのが現実ではあるものの、今年はその「過去」に待ったを掛ける1頭が現れましたね。



  スポンサーリンク

その名も「ソルテ」
父タイムパラドックス
母ヒノデモンテローザ
母父マルゼンスキー

近走成績が秀逸で、今年のかしわ記念ではコパノリッキーに敗れたものの2着。
ペースが37,2−37,3と前有利な展開が味方したとはいえ、先着した馬にはベストウォーリアやノンコノユメなどの中央強豪馬も含まれている点から考えると最後の直線で残せる脚をもっているということがわかる。
初めての川崎1400mではあるものの、主戦の吉原騎手は
「スタートが早く、最後のキツイコーナーもうまく回ってくれるのでそこで相手を離したい」
と答えているように、コース適正に関しては問題視してはいないようだ。

地方競馬といえば前有利なのは言うまでも無く、そこでスタートが早いのは当然有利であり
且つコーナリングも得意となるとあとは直線しのげるかどうか、という点のみが焦点か。

ライバルになりそうなコーリンベリーとダノンレジェンドは共に揉まれる展開に弱く、ダノンレジェンドに至っては出遅れ癖まである。一番の強敵と思われるベストウォーリアは安定性抜群で、ここでも馬券内は堅い
と考えるも、決め手に欠け、勝利までわずかに届かない。
さらに、ソルテはさきたま杯、かしわ記念共にベストウォーリアに先着しているという点から考えても、やはりソルテの優勝は現実味を増してくる。

一番怖い展開がダノンレジェンドが出遅れてしまい、コーリンベリーが楽逃げできてしまった場合。そうなった場合、ソルテは無理に仕掛けていくこともないだろうし、駆け引きなく直線まで向かうかもしれない。こうなってしまうとソルテはコーリンベリーを差すことができないかもしれないので
是非ともコーリンベリーとダノンレジェンドには前でやり合って消耗して欲しいと思う。

馬券の組み立てはソルテとベストウォーリアからで問題なし。
オッズ次第ではワイドにガツンと突っ込みます!


スポンサードリンク     
にほんブログ村
posted by サーベラス at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。