2016年11月11日

難解武蔵野ステークス。人気馬は先行、穴馬は追い込み

こんばんは!サーベラスです
モーニン.jpg
今週は重賞が5つもあって予想記事が大変です。さらにはエリザベス女王杯もありますので、いやでもテンションは上がってしまうというものです。そんな週末、是非収支プラスで満面の月曜日を迎え入れましょう!
さぁ、土曜日に3レースある重賞のうち、東京ダート1600mの武蔵野ステークスについて書いていきます。



   スポンサーリンク
正直、かなりメンバー揃ったのではないでしょうか。
今年のG1フェブラリーステークスを勝ったモーニンは休み明け、斤量59kgというなかなか厳しい条件ですが一週前追い切りでは坂路を50秒台で駆け上がるという破格のタイムを叩いており、状態はかなり仕上がっていると考えられますのでここでも本命視。
有力な相手には3歳馬ゴールドドリームとノボバカラ。
ゴールドドリームも休み明けではありますが一週前追い切りで坂路51,2秒と自己ベストをたたき出しており、状態の良さはかなり高い。チャンピオンズカップよりこちらに照準を定めて仕上げてきていると考えていますので、相手筆頭にはゴールドドリームを推薦したい。

ノボバカラは名手R・ムーアを背に久々のマイル戦に復帰。好メンバーが揃う中、ムーアがどれだけ力を引き出せるのか、というところではありますが能力自体は上位だとおもいますし最低でも紐には入れておきたい1頭ですね。
上記にあげた3頭がおそらく1番〜3番人気に納まると考えるが、みんな先行馬ですね。他にもハナを切りたいドリームキラリも展開次第では穴を開けそうですし、人気はなさそうだがメイショウスミトモも強敵を負かしてきている点から能力は通用する可能性も。

先行勢に有力馬が揃っているということで、ペースが流れることも十分考えられる。まして、直線が長く差し、追い込みが決まりやすい東京コースとなれば
カフジテイク
キングズガードも穴の一角として是非抑えておきたい。両者共1400mを主戦にしているが、特にカフジテイクの末脚は強烈そのものでノンコノユメに似た印象を持っている。というか、かなり好きな馬なので個人的には絶対買う。

こう考えているとやけに広く買わないといけないようです。どう絞ろう。
モーニン、ゴールドドリームの2頭軸から、他に名前を挙げた5頭に三連単マルチかな。
私としてはなかなか珍しい買い方ですが、力のある馬だけをチョイスしていかないとトリガミしてしまうレースだとおもいます。


スポンサードリンク     
にほんブログ村
posted by サーベラス at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

エリザベス女王杯は本命不動でマリアライト

こんばんは、サーベラスです
マリアライト.jpg
今週からまたG1が連戦となるわけですが、皆様お財布事情はいかがでしょうか?
私はこちらで予想を書いている通り、先週の競馬はメインレース最悪な感じで(笑)
消していった馬たちが勝ってるんですから、本当だめな予想をしてしまいましたね。ただ、条件戦でそれなりのプラスを確保できたので一応黒字です!
あと、WIN5・・・WIN3や4まではいけるのに、なぜ5までいけないんでしょうね。
1レース目外れて2〜5レース的中とか。1レース2頭ずつしか選んでいないのでまぁ当たる確立は低いんですが、頭数増やすと一気に点数が増えてしまうので臆病になってしまいます^^;



   スポンサーリンク
さぁ、話は戻ってエリザベス女王杯。
今回登録されている馬を見渡すと、どうもメンバーが薄いというかステップレースのようなメンバーになってしまいましたね(関係者さんごめんなさい

近年のエリ女は軸馬に悩むくらい豪華だった印象でしたが、今回はすぐに決まりました。

マリアライトです。
昨年の覇者であり、暮れの有馬記念でも4着に食い込んでフロックでないことを証明してくれました。今年に入ってからは
日経賞3着
目黒記念2着
宝塚記念1着
オールカマー5着
オールカマーに関しても勝ち馬のゴールドアクターからさほど差もないですし、能力でいうと牝馬のトップクラスで間違いありません。
また、11月8日に京都で雨が降り、11月11日の金曜日も降水確率50%となっていますので、渋った馬場を得意とするマリアライトには追い風となるかもしれない。
まして、一番の強敵となりそうなミッキークイーンは5月のヴィクトリアマイル以降京都大賞典で叩くつもりが放牧先で捻挫をしてしまい、ぶっつけでエリ女に出走することとなった。能力に関しては間違いないものの、仕上がりがどうか。メンバー的に馬券内は十分可能だとは思うものの、やはりマリアライトのほうが信頼性が高いと判断する。ちなみにミッキークイーンは1週前の追い切りで
坂路52,0秒ー12,0秒と好時計を見せている。
あとはクイーンズリングでしょうか。こちらも重くなっても影響ないですし、前走休み明けの府中牝馬ステークスを勝利。今のところマリアライトとクイーンズリングの2頭軸で勝負するつもりですが、相手が本当にどれがくるかわからない。得意の全流しで穴馬に期待するか。。。
個人的に応援しているマキシマムドパリには是非頑張ってもらいたい!


スポンサードリンク     
にほんブログ村
posted by サーベラス at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

怪物・フランケル産駒大暴れ!日本競馬への適正は高い

こんばんは!サーベラスです
ミスエルテ.jpg
競馬ファンの中ではやはり有名なフランケルですが、今年から初年度産駒がデビュー戦を飾っています。
中でも化け物と評された牝馬が2頭いて、早くも来年のクラシック候補として注目を浴びています。その二頭が
・ミスエルテ
新馬戦を圧勝ののち、今週開催されたファンタジーステークスで出遅れ後方から大外一気で軽く千切るという2歳牝馬とは思えない競馬を見せた。ここからまだ成長しちゃうの?とどれだけ強くなるのか興味が絶えませんが、今年も牝馬は豊作の予感ですし阪神JFで日本の正義・サンデーサイレンス系との頂上決戦が楽しみであります。余談ですが、ミス・エルテではなくミ・スエルテです。
レ・ミゼラブルみたいなもんです(違うか



   スポンサーリンク
・ソウルスターリング
こちらは新馬戦をなんとか勝利、という見え方だったものの仕上がりや成長がまだまだといった感じで今後の動向に注目が集まる。続くアイビーステークスでペルシアンナイト等の好メンバーを抑えて勝利。

欧州血統の父と母から生まれた仔馬が日本の高速馬場にここまで合うとは正直驚きで、もしかすると実力を100%発揮できていないのかも?!なんて考えると夢が膨らみます。ただ、日本の所属馬ではありますがこの子たちが日本競馬悲願の凱旋門賞勝利・・・なんてことになると切ないのも事実。やはり、日本の正義サンデーサイレンスの血脈に勝利を託したいのがファンの気持ちです。
話が逸れましたが、上記のフランケル産駒2頭はすでに怪物級との評価を得ていますが、阪神JFで争うであろう他のメンバーも強力の一言。
ハーツクライ産駒のリスグラシューは新馬2着未勝利1着アルテミスS1着と能力の高さに加えて安定した成績を残している実績があります。
ブエナビスタの娘・コロナシオンは新馬戦を快勝しており、今週黄菊賞に出走。対戦相手に新馬戦圧勝のトリコロールブルーなどの強敵がいますのでここが試金石か。世代を代表する牝馬とは必ずしも牡馬相手に勝利を収めてきていますので、トリコロールブルーに勝つようであれば一躍世代の中心となるかもしれませんね。

他にもサトノダイヤモンドの妹リナーテなどもいますし、11月現在で牝馬が豊作と言われるのも頷けます。ここに、更なる新馬たちがデビューをして桜花賞で阪神JF組みに挑むとなるともう・・・来年が楽しみすぎですね!今のところ見た目の派手なレースが多いのでミスエルテが一番手かもしれませんが、個人的にはリスグラシューに頑張って欲しい。ジャスタウェイ産駒の登場によって父ハーツクライの株価が下降しそうなのでね、是非ともハーツ株を上げてハーツ産駒VSジャスタウェイ産駒なんかの盛り上がりもみたいし。
競馬はロマンとはよく言いますが、本当にそうですよね。
ただ、私に置き換えた場合自分の子供と孫が競い合うとなったら嫌だなぁと勝手なことを思ってますハイ


スポンサードリンク     
にほんブログ村
posted by サーベラス at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。