2016年10月31日

史上最強のJBCクラシックを制するのはコパノリッキーではない

こんにちは!サーベラスです

さぁ、昨日の天皇賞秋
皆様馬券のほどはいかがでしたでしょうか?

結果としては、現役最強マイラーのモーリスが圧勝し、2年連続の年度代表馬に王手を掛けるレースとなった。
2着には今年不調だったリアルスティール
3着には去年の2着馬ステファノスが入着し、3連単3万強の中荒れ。
個人的に好きなエイシンヒカリ・ラブリーデイは沈み
穴として買っていたアドマイヤデウスは、手応えよかったものの6着。
リアルスティールは完全に嫌っていたので馬券は100円のみでしたが、非常に見ごたえのあるレースでした!


アウォーディー.jpg

さて、今週は地方競馬のお祭りですね。
一日にJPN1のJBCクラシック・スプリント・レディスクラシックの3レースが開催される、日本で最もダートが盛り上がる一日となるでしょう。
ちなみに、私はJBCがあまり好きではありません・・・。

なぜか?

馬券取れないんです・・・

もっともらしい理由をつけるとすれば、地方競馬のイベントなのにJRA勢の独占状態というのがなんとも。昔のジャパンカップを海外馬に蹂躙されていた時代を思い出しませんか?私、そのころ知りませんけど(笑

今年も地方馬は厳しいレースとなりそうですが、だからこそ頑張って欲しいし大穴あけてほしいですね!




  スポンサーリンク

まず、JRAの出走馬は
アウォーディー
クリソライト
コパノリッキー
サウンドトゥルー
ノンコノユメ
ホッコータルマエ
上記6頭です。

すでに頭が痛いですねー。この中から少ない点数で馬券を取らないといけないわけですから。

が、私はすでにこの3頭で決まるだろう、という馬を選んでいます。
早速紹介すると

コパノリッキー
いままでずっと馬券を嫌ってきた結果、大損をしています。今回、川崎競馬での開催という懸念はあるものの田辺騎手とは前走南部杯でレコードを1秒以上短縮する圧勝しており、態勢的にも十分。
揉まれると弱さがでるという弱点を、この馬を知る「武豊騎手」がどう攻めてくるか。駆け引きも含めて楽しみです。ただ、今度は買ったら損するんかーいってオチだけは勘弁してください。


アウォーディー
昨年9月から武豊騎手を背にダート転向。以降中央・地方重賞を含む5連勝とまさに破竹の勢い。
他の馬と比較すると実績が足りない感は否めないものの、能力は本物。前走の日本テレビ杯で今年のフェブラリーS覇者・モーニンを破り、サウンドトゥルーに5馬身をつける勝利。すでに6歳ではあるものの、世代交代を告げるレースになると、私は考えている。
また、武豊騎手自身もJBCクラシックは5連覇などの偉業を達成しているうえ、今年の地方重賞の馬券内は100%。もはや、不安がないのが不安


ノンコノユメ
同じダート走っているの?と思うほどに強烈な末脚が印象のノンコノユメ。
ゲートを出てからの行き脚がつかず、いつも後方からのレースになってしまい、しかもエンジンがかかるのが遅いというチャームポイント?があるノンコノユメ。それで画面外から突っ込んでくるんですから、人気がでるのも頷けます。私も大好きです。
ただ、今回去勢してセン馬になってしまったこと。これが大きな不安要因となっています。
先行できるのか?エンジンがかかるのはいつか、前向きさを失いすぎてないかなど。
もはやレース展開すらわからない、ほんと博打です。

ただ、加藤調教師が30年に1頭の馬だと言っていたことから、去勢は本当に苦渋の決断であり、必ずしも成果がだせると考えてのことでしょう。そう考えると、やはりココでは買っておくべき。
まして、去勢後は体重が落ちますので知らない人は
「お、ノンコー12kgやん。消しやな」
見たいな考えになってオッズが下がるとすれば・・・おいしいでしょう。

この3頭がレースの展開をどう作るのかが鍵であることは間違いなく、かつ実力上位。
アウォーディーが早めに仕掛け、ハナを切るコパノリッキーとの叩き合い。
そして、脅威の末脚でノンコノユメが突っ込んでくる・・・という妄想ばっかりの馬券です。

1着アウォ・ノンコ
2・3着アウォ・ノンコ・コパ
上記4点の3連単勝負です!!!



スポンサードリンク     
にほんブログ村
posted by サーベラス at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

道悪の毎日王冠:リアルスティール回避による馬券への影響

こんばんは、サーベラスです

申し訳ございません。
出産や妻の入院など色々と大変でして、更新ができずに放置になってしまっていました。

にもかかわらず、一定量の閲覧を頂いていることをいま確認して本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

家庭は落ち着きましたので、再度ブログを出発させようと思います。
よろしければ、今後とも御愛読のほどお願い申し上げます。

リアルスティール.jpg

毎日王冠に出走予定だったリアルスティールさんが調整不足を理由に回避することを発表しました。
ルージュバックとの一騎打ちという評価がされていた馬だけに、この馬から馬券を組み立てようと考えている方も多かったとおもいますが・・・私はバッサリ切るつもりだったので違った意味で残念。
次は天皇賞秋に直行するそうですが、正直ここでも人気するようならバッサリでいいと考えます。




  スポンサーリンク

さて、では軸馬に適切なのはどの馬か?
正直なところ、難しいレースであるとこは間違いない・・・。だからこそ高配当が望めるというものですけどね。
ルージュバックは中間で蕁麻疹がでていたようで、休み明けがそんなに得意でもなさそうで軸にはしたくないですね。3着にはきそうではありますが、開幕週の東京1800mで差しきれるのかな〜という印象は否めない。

アンビシャスは前に付ける競馬を覚えて、ここでも本命視・・・かと思いきや、なんと週末は雨の予報。
道悪の宝塚記念の結果を考えるとやはり買えない。

人気サイドが危険な雰囲気で、後はもう

「ロゴタイプ・ディサイファ・ステファノス」
この3頭から軸を選ぶべきだと考えます。

ロゴタイプは安田記念でスローペースがはまっての逃げ切り勝ちではあるものの、上がり3F33,9秒と今までと違う瞬発力を見せてくれた。本格化したと考えると、開幕週の馬場も味方にここでも逃げ切ることは十分考えられるでしょう。

ディサイファも好位の競馬を覚えて、さらに道悪適正・東京1800m巧者と条件が揃っている。人気も中穴になりそうで、高額馬券を狙うならここから入るのがいいかもしれない。

ステファノスはなぜか毎回人気にならないですね・・・。実力はありますし道悪の好走もあって中心視してもいいかと考えます。

正直軸馬を絞るのが難しい。私の買い目としては

上記3頭の頭固定で相手広く流そうと思ってます。出産祝いとして20万馬券くらいでいいので当たらないかな笑



スポンサードリンク     
にほんブログ村
posted by サーベラス at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

アイビスサマーダッシュの三つ巴を制するのはこの馬!脱落するのはこの馬!!

こんばんは!サーベラスです

カルストンライトオ.jpg
アイビスサマーダッシュの時期になると必ず思い出すのがカルストンライトオ。
スターホースというメダルゲームでもアイビスでは相当強かった思い出。今もなおレコードはカルストンライトオの名前になっていますね。
新潟開幕週の直千G3は三つ巴で単勝派の方はおいしいレースかもしれませんが、3頭のうち1頭は脱落すると考えていますので紐荒れを取って大金を手にしたいですね。



  スポンサーリンク
まずは三つ巴の3頭を紹介していきますね。

1番人気になりそうなのはベルカント
昨年のアイビスサマーダッシュ覇者で、前走アラブ帰りのCBC賞で休み明け3着。
斤量は去年より+1kgの55kgで出走できますし、今まで戦って来た相手も違うし重賞実績もあるしでこのメンバーなら1番人気は妥当ですね。夏は牝馬という言葉もありますし、素直にここから行きたい気持ちもありますが不安材料があります。
それは、
「右にラチがないと実力を発揮できない」
昨年のアイビスSDは大外を引いてラチ沿いをぶっちぎったので、今回内枠を引くとどうなのか?
前走のCBC賞は同様の理由で嫌ったのですが、馬群の壁が外にいたので好走できたのかな、と。
直千だとなかなか外に壁とか都合よくできないと思うのでここでは評価を下げてもいいかな。。。妙味ないし。一応馬券には入れますが、頭はないかな。


2番人気になりそうなネロ
私、個人的にずっと買っている馬です。もちろん買います
で、予想家として考えて見ましたが
スピードはかなりのものが有りますし、スタートも早い。先行力が問われるレースですので贔屓目なしにしても軸指定は妥当だと考えます。
直千の相性もよく(4戦2勝2着2回)こないイメージはないですね。ただ、直千の成績が
1600万で2戦2勝、OPで2戦2着2回というのが少し気になります。
OP勝てないのならG3は・・・という考えもありますが、そうなったら仕方ない。
斤量も韋駄天sより1,5kg軽くなるし軸はネロで決まり


3番人気はプリンセスムーン
1600万、OPと新潟直千を連勝してアイビスに挑んできましたね。前走ネロを破ったことで評価が上がっていますが、前走はネロと斤量4,5kg差 且つ ネロは休み明けだったのでね。
今回斤量も2kg差になってしまいますし、スタートが抜群という訳でもないので以外と危険かも。
ちなみに、2015年の稲妻Sでネロと対決していますが、スタートで後手を踏んで内に回してでネロの2着にはいっています。あの頃ならスムーズにいけばネロに勝てたかもしれませんが、前走を見る限りは全盛期っぽいネロに逆転されてしまうイメージしかありません。
とはいえ、直千巧者ですしこれも買いますよ。

はい、三つ巴全て「買う」になってしまいました。
枠順発表前なのでなんとも言えませんが、ネロ頭で2,3着にベルカント、プリンセスムーンの相手全流しにしようかな、と考えてます。
牝馬2頭のうちどちらかは飛ぶと思っていますのでそこに大穴が飛んできてくれますように。



スポンサードリンク     
にほんブログ村
posted by サーベラス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。